学生 キャッシング 親バレ

学生キャッシングで親バレする理由とは?

非常に多くの学生がキャッシングのサービスを利用していますが、申込みにあたっては、「親バレしてしまうのか?」という悩みが多くあります。
親にバレずにキャッシングしたい学生がほとんどだと思いますが、バレる原因のほとんどは、自宅への郵送物です。
自宅にキャッシング会社から案内書や申込書、その他カードなどが郵送されてしまうと、自宅に届いた郵送物で親バレしてしまいます。
親にバレずにキャッシングしたい学生は、郵送物なしとする方法を理解する必要があります。

 

学生キャッシングは大手の金融機関で!

 

まず、中小のキャッシング会社を希望する学生もいますが、できるだけ大手の消費者金融などを選ぶ方が安全です。
テレビコマーシャルでもおなじみのプロミスやアコム、あるいは、モビットなどを選べば、自宅への郵送物をなしにしやすくなります。
とくにカード発行が必要なカードローンに申込むときは、カード発行ができる自動契約機が必ず必要になります。
自動契約機が用意されていない中小のキャッシング会社では、必ず自宅にカードが郵送されますので、十分注意するようにしましょう。

 

学生キャッシングの申込方法について

 

キャッシングの申込みをするときは、必ずインターネット申込みを選ぶようにしてください。
キャッシングの申込みでは、数多くの書類の確認が必要ですし、受取りが必要な書類もあります。
パソコンやスマートフォンを使った申込みを選べば、必要な情報は画面で確認し、受取りが必要なものもダウンロードで対応できます。
インターネット以外の方法で申込みをすると、自宅に書類が郵送されてしまい、親バレの原因となりますので、十分注意するようにしてください。

 

学生におすすめのカードローンについて!

 

キャッシングの選び方は、基本的には、希望する金額がいくらかで判断します。
希望する金額が50万円以下、しかも、自分の年収の3分の1以下なら、消費者金融のプロミスやアコムがおすすめです。
収入証明書の提出なしで申込むことができますし、申込みから現金受取りまでの時間が短時間で済みます。
プロミスやアコムなら、最短30分でカードの限度額が決まりますので、40分〜50分もあれば、お金が受け取れるようになります。

 

また、自分の年収の3分の1超のお金が必要な学生は、総量規制対象外カードローンを選ぶ必要があります。
総量規制対象外では、みずほ銀行のカードローンに人気がありますので、申込みを検討してみてはいかがでしょうか。